〜おいしい幸せ〜

食べるの大好き!☆栄養士のちよこのブログ☆

6月の結婚式「ジューン・ブライド」人気な理由は❓💐

こんにちは🌞
ちよこです🌼
 
 
昨日はウエディングイベントに行ってきました
 
 
全く予定はありませんが、、、🤔(笑)
 
 
 
 
いろんなものがとってもかわいい!!
f:id:asoftgm23:20180624011016j:image
 
ワークショップやフォトスポットがあり、女友達とわいわいww
 
f:id:asoftgm23:20180624135022j:image
f:id:asoftgm23:20180624135026j:image
 
 
ドライフラワーをハートのビンにつめたり、
 
f:id:asoftgm23:20180624135050j:image
f:id:asoftgm23:20180624135056j:image
押し花をタトゥー風に付けたり
 
 
ただただ楽しかった、、😍💓
 
 

 6月の結婚式「ジューン・ブライド」の由来は?

幸せなると言われている「ジューン・ブライド」
由来はご存知ですか??
 

 

女神「JUNO」に由来している

ギリシャ神話に出てくる女神、「JUNO(ユノー/ジュノー)」。

「JUNE(6月)」の語源にもなったとされている女神JUNOは、結婚や出産をつかさどる女神なんです!

そこから、
「6月に結婚する花嫁はJUNOの加護を受けて幸せになれる」
という言い伝えが生まれたと言われています。

 

天候がいいから

日本では6月というと、雨の季節ですが・・・

ヨーロッパの6月は、とっても気候が穏やかなんです。

1年で一番雨が少ない時期で、晴天が続く気持ちのいい1か月!

「若者の季節」と呼ばれることもあり、何かを始めるにはピッタリの季節なんですね。

 

農作業が落ち着く季節だから

3月・4月・5月は、農業が最も忙しい時期!

昔はその3か月の結婚式を禁じることもあったほど、みんな農業に大忙しだったんです。

だからその3ヶ月が終わった6月に、結婚する若者が多かったんです。

忙しい時期も終わり、多くの人に盛大に祝福してもらえる6月の結婚は、幸せになれると言われていたんです。

 

 日本の梅雨にも打ち勝つ「ジューンブライド

日本は梅雨の時期ですね
挙式をあげるメリットで、なるほどと思ったのは
 
どの時期でも挙式当日に雨が降る可能性はある‼️
雨のときのドレス選びは大変だけど、
 
6月の挙式雨かもしれないという事前対策が練れる!というメリットが✨
 
捉え方次第で変わりますね🌤
 
 
 
結婚間近のカップルも❣️
これからという女友達同士も❣️
 
週末は代々木公園へ行ってみてはいかがでしょうか❓💐